スポーツマウスピース(マウスガード)は、競技中に歯列をしっかりかみ合わせておき、歯自体の損傷、歯による口内の裂傷を防ぎ、脳への振動を軽減することができます。歯と歯が十分にかみ合うことが出来るため、着用していると潜在能力を最大限に発揮できるとされています。
最近ではマウスピース(マウスガード)の効用について徐々に認知されるようになり、各種競技における装着ルール化や競技連盟・団体の装着推奨によって、使用者が増加しています。

装着の効果

◎顎や口腔内の保護

マウスピースの装着による顎関節への衝撃緩和、歯、舌、口腔内の粘膜の保護することができます。

◎全身的パワーの最大発揮

マウスピースを介して強くかみ合わせることが出来ることによって、スポーツ成績向上につながる全身的パワーの発揮が図れる。

◎顎位の安定によるリラックス効果

強くかみ合わせるのではなく、上下のあごを適切な位置で固定し、しかも少しかみ合わせを高くすることによって、リラックスし最高のパフォーマンスを発揮したり、疲労しにくくする効果があります。

◎脳震盪の発生の抑制

マウスピースを装着することで、頭、顎、首の筋肉が固定され、衝突時の脳への衝撃を緩和し、脳震盪の発生を抑制することが期待されます。

◎心理的効果など

安心感や競技への集中力向上などの効果があります。また、かみ合わせが整うことで体幹バランス感覚などの機能が向上する可能性大です。

カスタムメイドの重要性

◎自分の歯形や競技に合わせた調整が可能

自分の歯形や競技の特性に合わせて肉の厚さやかみ合わせ等を指定できます。装着時の「しゃべりにくさ」が改善され、口頭で意思伝達を図りながら競技することが可能です。

◎好みのカラーが選択可能

単色から数色使用したカラフルなものまで様々であり、自分にあったデザインが選べます。

◎歯科医師が丁寧に対応

歯科医師が対応することで、歯列やかみ合わせ等への影響などの不具合を防ぐことができます。

マウスピース(マウスガード)での不具合がないように、信頼のおける歯科医にご相談ください。

◆マウスピースのカラーバリエーション

mousepiece_catalog.png

◆製作の流れ

mousepiece_flow.png

マウスピース、マウスガードの作成は、歯科医にご相談ください!

厚生労働省「グレーゾーン解消制度・新事業特例制度」により、令和元年10月25日に以下の回答がありました。

(要約)「インターネット通販を活用したマウスピース等製作事業において、特定個人に対して作成するマウスピース等は、口腔内に装着されるものであり、不適切なものであった場合、歯列や咬合等に影響を及ぼし、歯科医師の歯科医学的判断及び技術をもってするのでなければ人体に危害を及ぼすおそれのある歯科医行為に該当し、当該事業により提供等されるマウスピース等は歯科技工士法第2条第1項に規定する歯科技工により作成されるべきである。」
https://www.mhlw.go.jp/content/000562198.pdf